今日は縮毛矯正毛にパーマがかけられるのか?というお話です。※あくまでもカリスマでの場合です
パーマをかけてみたいけれど、髪がきしんだらどうしよう・・・
髪の傷みが恐くてパーマをあきらめる事は結構多いと思います。
縮毛矯正をかけている場合なんかも、ものすごく傷むのではないかと思ってしまいますよね。
確かに縮毛矯正を繰り返しかけている髪の毛はとても傷みやすいです。(他店のアルカリ縮毛矯正の場合です)
カリスマではパーマをかけるかもしれないお客様に備えて、ハイブリッド酸性縮毛矯正でかけるようにすることが多いです。ですので、ダメージの少ない(感じない)パーマは比較的成功しやすいです。

今日は縮毛矯正毛にハイブリッド酸性パーマで かけました。

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e
(※すこし強めですが、1週間後少しゆるくなることを計算に入れてます)

ハイブリッド酸性パーマの動画

基本的にカリスマではパーマも縮毛矯正も(↑この動画で使用しているパーマ液と)おなじ成分のものを使用してます。(スピエラ、GMT)酸性のパーマ剤はタンパク質の流出がないのでダメージを少なく出来ます。

しかし、元からのダメージは治るわけではないので、それでも施術は慎重にやらないととは思ってます。場合によっては後ろの毛束を少しとってテストをする事もあります。(ご新規のお客様の場合はそうすることも多いです)

大事なポイントはヘアカラーでダメージの出ないようにすること。根元をカラーで明るくするだけで毛先はカラーバターで染めてます。そうすることによって、毛先の傷みを進行させなくできます。

パーマとカラーを同日にするときの施術の流れは

来店→カウンセリング→アイロンブロー→カット→根元カラー→シャンプー→パーマ→パーマ終了シャンプー→カラーバター→流し→仕上げ(約5時間。通常より時間かかりますが(パーマ・カットの場合は90分)、髪の傷みは劇的に少ないです。)

「パーマとカラーを同日にすると髪が傷む」と言われてますが、工夫すればそんなことはありません。というのが僕の考え方です。できれば、その日のうちに両方出来て綺麗になりたいですしね。

ただいまハイブリッドパーマは¥10000→¥9000です。(カット込、ロング料金なし)ぜひお試しを!