今日は赤系、ピンク系でうまく染まらない人に教えたいお話です。

いま、同じモデルさんで染めてみたものを並べてみました。全部違う色で染めているんですが、みなさんは何色系に見えますか?

1438954113646.jpgピンク

IMG_20150724_214019.jpgピンクラベンダー

IMG00065.jpgラベンダ

 

pink-ash1ピンクアッシュ

そしてどの色がお気に入りですか?

やってみたい!髪色はどれですか?

僕はヘアカラーに関して、どうすれば思うように染まってくれるのか。と常に研究してました。その研究をしてきて、出た答えは

薬剤を揃えること
でした。

 

だから、カリスマでは(店名です。笑)思う結果が出ない場合、色々な薬剤を吟味し、試行錯誤してきました。

お客様の髪質は様々なように、染めかたも様々にしなくてはいけません。

ここから本題に入りますが

まず、赤系の一番の失敗理由は
赤の色素が弱い!

これだと思います。

だから赤系に染まりにくい人は、「真っ赤にしても構わないので出来るだけ赤くして下さい。」

と注文してみましょう。

もうひとつは「オレンジになった」人の場合

これは染める前の髪が黄色くなってる人に起こる現象です。その場合は
「ピンク系にしてください」
と注文してみましょう。

ピンク系は赤ではなく赤紫を使用している為、紫系が黄色味を消す効果があるんです。

ピンク系に染めると丁度良い色調に染まると思います。この方法は僕がよく使う方法です。

 

一番上の写真はニュートリカラークリームという酸性カラーのピンクで染めましたが、

強い赤系になりました。

写真撮ったらキレイな赤系に写ってますね(^^)

(因みにこの色はニュートリカラークリームを購入しないとなりませんがカラーバタープレミアムでかなり似た風合いは出せます)

2番目の写真はピンクラベンダーで

3番目はラベンダーです。

赤系、ピンク系、ピンクアッシュ系は赤の色素と紫の色で作れます。

なんの薬剤で染めるかよりも、仕上がりの色を想定して染めると成功します。

赤→ピンク系で染める
ピンク→赤紫系で染める
ピンクアッシュ→紫系で染める

と上手くいったりしますので、その旨を美容師とよく相談して、カラーをしてみて下さい。