パーマを強くかけて下さい!

とオーダーしたら

チリチリになってしまったり。

ゆるくかけて下さい!

とオーダーしたらすぐに取れてしまった。

こんな経験はありませんか??

その理由はどうしてなのかをお答えします。

強くかける→細いロッドでかける

弱くかける→太いロッドでかける

だからなんです。そのまんまですね(・・;)

そうでなく、髪型にあった強さでしっかり持ちの良いパーマが理想ですよね?

その方法は色々ありますがその中の一つをご紹介。

まず、丁度いいロッドの太さで巻き、パーマ剤1液塗布

丁度いい時間を置き(これは美容師判断)、シャンプー台でロッドを巻かれたまま、1液をしっかりながします。

ロッドにシャワーをしつこく当てます。

ジャージャージャーとロッドの重み+水分を含みさらに重くなるので、「首は痛くないですか?」と心配しつつ2、3分は洗い流す作業をやってます。(ここがポイント!)

実は ここがポイント! のやり方はクリープパーマのやり方の工程の一部と同じなんです。

そのような理由で、この時点で持ちはだいぶ左右されます。

このあと熱処理をするとクリープパーマ、しないでそのまま2剤だと当店のコールドパーマのメニューです。

ただクリープパーマとなると+30分は要しますので、お値段はそのぶん頂戴する場合がございますが、

(ここがポイント!)の工程は当店ではサービスで実施してます。

なぜサービスで行ってるかと言いますと・・・

最小限の髪の負担で最大限にカールをもたせたい思いがあるからです。

この工程を行うことによって髪に対する負担も変わります。

強くかける→細いロッドでかける

弱くかける→太いロッドでかける

しっかりかける→シャワーで1液をしっかり流す

実はこのやり方だったんです・・・

パーマをさらにもたせる。そのためには・・・クリープパーマです!

後に、クリープパーマの効果をお話しいたします