皆様はヘアカラーが気に入らない、暗すぎに染まってしまったことなんてありますか?ケースは様々だと思いますが、殆どがご自分で白髪染めをしてらっしゃる場合が多いです。

その場合は染料が髪の毛にどのぐらい残留しているのかにより、使用薬剤が変わってきますが、大半の場合はダメージの少ないティントコントローラーを使用いたします。(脱染剤のことです)

他にも美容室での仕上がりが思ったよりも暗く仕上がってしまった場合。こちらのケースもやり直しをする場合もティントコントローラーが必須です。なぜなら染料はヘアカラーでは落とせないからです

ティントコントローラーをザックリ簡単に説明しますと。ダメージの少ないブリーチです。髪の毛に残留している色素をダメージを進行させずに落とす薬剤です。

髪に変化を与える訳ですから、多少は傷むのかもしれませんが、ダメージレベルは通常のカラーリングよりも軽くつくられております。

ということは分かりにくいレベルということです。

仕上がりが思ったよりも明るい髪を直す場合時は必要ありませんが、暗いのであれば一度ティントコントローラーでリセットしてから染めないと、結果が出ません。ただただダメージだけが進行してしまったら髪もお客様の心も泣いてしまいます(T_T)

実の所はヘアカラーのお直し技術はそんなに簡単ではございません。しかし当店では色々と研究し、できるかぎりのお直しが出来る体制は出来ております。是非カラーチェンジの際はカリスマをご利用して頂けたらと思っております。