自宅で行うホームカラーや白髪染め、サロンで行うカラーリングなどを含めると、美容室のお客様の半分以上が、カラーリングを行っているようです。
いまやカラーリングは、なくてはならないヘアスタイリングの手段となっています。

サロンでカラーリングをされる方、薬局などでカラー剤を買ってきてから、ご自分でカラーリングをした結果、思いどおりの色が出せずに失敗してしまうケースが多いと聞きます。

ほとんどの方がカラー剤を購入する際、希望する色、その色にしたい理由、もっと言えばご自身でこの色が似合うと自覚もあり、カラー剤の選択をしています。それらをほぼ十分に把握した状態で購入し、セルフカラーをしているのにもかかわらず

「思い通りにならなかった…」

と、美容室の門をたたく方が大勢いらっしゃいます。

ホームカラーの弱点としては、技術的な面があるのは当然でしょう。
塗りムラがあったり、室温に対する放置時間などの誤りで、染まりが悪かったり、逆に染まりすぎて髪が傷んでしまったり、技術や知識が影響したリスクは当然あります。
僕を含めたほとんどの美容師さんが、サロンでのカラーリングを勧めるのはこのためです。

また、市販のカラー剤と、サロンで使用する薬剤と比べ、決定的な違いがあります。

市販のカラー剤は、技術のない方でも簡単に髪が染まったことを実感できるようにと、染める力がサロンで使用するものと比べて強く反応するようにできています
仮に塗る技術、放置時間の計算などに問題がなく、概ねメーカーの狙い通りの髪色に再現できたとします。しかしその色味はかつらのような、わざとらしい髪色になっている可能性が高いでしょう。技術がなくても上手に塗れるように、メーカーが薬剤の強さを調整した結果です。

ご自身にホームカラーをする技術があっても、髪質、顔立ち、肌の色、雰囲気などを知っていても、満足できずに美容室に修正をしてもらう方がいらっしゃる理由はここにあります。

カリスマでは豊富に薬剤を揃え、お客さまのニーズに合う髪色作りにこだわっています。
薬剤の効きも強いものからマイルドなもの、メーカーも一社にこだわらず複数取り揃えたり、適切な技術で対応しますので、仕上がりやダメージの少なさにも、きっとご満足いただけると思います。