今日はマニアックな記事です。(笑)

一度もオキシについてお話したことは今までなかったと思います。

まずオキシとは

何かというと・・・

オキシドールの略称で過酸化水素水の事です。

その中でも6%~2%まであります。

 

このオキシをヘアカラー1剤に混ぜてカラー剤やブリーチ剤を作ります。

当店では6%、3%を使用しています。

髪を明るくしたい時→6%

ちょっと明るくしたい時、ムラがあるとき→4.5%(6%+3%を1:1)

暗くしたい時→3%

これが基本的な使用方法です。

ここであるメーカーさんが開発したアルカリキャンセル機能の3%オキシというものがあるのですが、今日はこれについて検証していきます。

6%についてはアルカリキャンセルされたら髪が明るくならないので困りますが

トーンダウンにはアルカリがいらないので3%にアルカリキャンセル機能があったらどんなに良い事か

と思ったのでその商品の存在を知ってから早速、僕はそれを使っています。

しかし、裏では昔からオキシなんてどこのメーカーの何を使っても仕上がりは変わらないと言われてます(業界の一部では)

でも僕は「本当だろうか??」と思ってました。

ここで普通の3%オキシとアルカリキャンセル機能の3%オキシ成分を比べて同じだったら何を使っても変わらないということを僕は認めます。

さあ検証開始です

普通の3%オキシ

セトステアリルアルコール、流動パラフィン、デカメチルシクロペンタシロキサン、パルミチン酸2ーエチルヘキシル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ポリオキシエチレンヘニルエーテル、大豆リン脂質、テトラテセンススルホン酸ナトリウム液、やし油脂肪酸アミドプロピルベタイン、グリコシルトレハロース、水添デンプン分解物混合溶液、フェノキシエタノール、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、加水分解シルク液、エタノール、粘度調整剤、PH調整剤、精製水

さあ、同じ成分(青)がどれだけ入っているかというと

アルカリキャンセル機能の3%オキシ

精製水、シア脂、フィトステロール、ヒドロキシエタンジホスホン酸液セトステアリルアルコールポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、イソプロパノール、リン酸、その他・・

全然成分が違う!!!4つしか被ってない・・・

 

ところで、、違う成分の中にアルカリキャンセル機能はどのようになっているのか

ここでそのメーカーのウェブサイト見てみましたが・・・

アルカリキャンセル機能のある4.5%と3%の2剤は、1剤中の一部のアルカリを中和し、その機能をキャンセル。毛髪への負担を軽減し、よりダメージレスな施術を実現します。

と、、、具体的には書いてないので

調べてまた記事をあげなおします(・・;) 続・ヘアカラーで使用するオキシの成分←続きリンクです。

 

結論

オキシは何を使っても同じではない事が分かりました。